車椅子のいいお話

RSS

梅雨ということで、雨が降ったりやんだりのジメジメした感じが続ております。体調をくずされないよう気を付けていきたいと思います。

 

今日は車いすとアスリートの良いお話を紹介したいと思います。

 

世界のトップアスリートだけではなく

今や日本のトップアスリートも多くの選手が

チャリティ活動を積極的に行っています。

ソフトバンクホークスの千賀投手は奪三振

1個につき1万円を積み立てして幼児虐待防止

運動に寄付をしています。

楽天ゴールデンイーグルスの則本投手は1

イニング投げるごとに1万円を東北地方の

教育支援に寄付しています。

 

 

このようなアスリートの活動は単に子供たち

や困っている方の救済だけが目的ではありません。

実は選手にとっても必要な行為なのだと言います。

それはなぜ自分がつらい練習を経て、試合を行い

一生懸命プレイすのかのモチベーションを高める

要因になるからです。一流選手になればなるのほど

インタビューでファンの事、支えてくれた方々の事を

口にします。自分の夢や欲望の為だけにやっていては

発揮できない力が我々人間には備わっていると言います。

誰かの為にという思いがあれば、燃え尽き症候群にも

かからないのだそうです。

 

 

もう引退した選手で元阪神タイガースの赤星選手は盗塁

を成功させるごとに1台車いすを寄付されていましたが

その車いすを誰かがオークションで転売をしたという事が

分かり、その寄付をやめられたと伺っています。

★赤星選手は2018にアスリートの社会貢献活動を表彰する「HEROs AWARD 2018」にて表彰されています。

 

 

選手たちの純粋な思いを汚す行為は厳に慎むべきですね。

車いすファクトリーの製品は寄贈ネームプレートを準備できます。

様々な慈善活動に役立てて頂けるように多種の車いすを掲載

しておりますので、是非一度ご覧ください。

 

 

 

前の記事 次の記事

  • kitazawanorihiro
コメント 0
コメントを書く
名前*
Email Address:*
内容 *
* 必須項目